走るガーデニングおっさんの子育てブログ

主にランニングとガーデニングと子育てのブログ

右ふくらはぎの痛みは肉離れでした

右のふくらはぎが筋肉痛。

その筋肉痛がなかなか取れなくて1.5ヶ月が経ちました。

歩き出しが特に痛く、これは筋肉痛ではないなと思ったのは1ヶ月前くらいでした。

 

ほっとけば治るだろ

と思って放置してましたが全然治りませんでした。

確かに痛いですが、走れないほどの痛みではありません。

なので、走っては痛みだし、休んで痛みが引いて、をエンドレスで繰り返していました。

 

流石にストレスだったので

病院に行ってきました。

結果、肉離れでした。

 

事実を知ることは大事

何事もそうですが事実を知ることは大事です。

肉離れかなー、と思ってましたが、事実肉離れでした。

レントゲン撮ってくれたら、医者がふくらはぎをニギニギして確認してくれたり、ちゃんと診断してくれる病院の選定はマストです。

パッと見てパッと診断してしまう病院はNGです。

 

事実と対応は別

肉離れに対して医者はこうすべきと治療方法を教えてくれます。

その通りにすることは間違いではないですが、それを参考に自分はどうするか考えて決めることが大事だと個人的には思います。

 

今回の私の対応

走ります。

ただしスピードは出さないです、ジョグ中心です。

実際痛い状態ですでに300キロ走ってますし(^_^;)

 

その理由

大事なのは、怪我したかどうかではなく、走れる痛みなのかどうかです。

それでいうと、走れる痛みです。

ただしスピード上げると痛みが増し、何より走った後の痛みが長引きます。

 

安静にした方が治りが早いのか

それは分かりません。

同じ人間が同じ怪我をして、安静にする人と走り続ける人を比べない限り判断はできません。

普通に考えて安静にした方が治りは早いと思いますが、仮にその前提で比較してみたいと思います。

 

走り続けるパターン

仮に3ヶ月後に治ったとします。

3ヶ月前と比べて若干走力が落ちたかもしれませんが、それほど大きな走力ダウンではありません。

 

安静パターン

2ヶ月後に治ったとします。

そこからランニング再開するが、走力がかなりダウンしているため、1ヶ月では取り戻せないと思います。

 

3ヶ月後の走力比較

両者を比較すると、私はどうしても走り続けるパターンの方が絶対お得だと考えてしまいます。

もちろん走れない痛みだったり、走り続けると走れなくなるような痛みは論外で、あくまで痛くても走れる痛みに限ってです。

 

何はともあれ

早く治らないかな。

痛いのはストレスなので。

ちなみに病院で処方される湿布は、市販の湿布と比べて効果大です。

市販の湿布買うくらいなら、サッサと病院行ったついでは処方湿布をもらうことをお勧めします。

それを今回しなかったわたしですが。

少し後悔orz

中秋の名月と月光冠

お月見とか十五夜とか、気が付いたら見る。

その程度でしか見てませんでしたが、昨日今日はやたらお月様が輝いていたので、家族でお庭でお団子を食べました。

 

お月見のキッカケ

単純に子供と外で遊んでて日が暮れてきたら、綺麗なお月様が見えたことがキッカケです。

せっかくだからお団子食べようかということになり♪

 

子供の教育にも良い?

特に意識はしてませんでしたが、なんか良い気がします。

正直子供は花より団子ならぬ月より団子でしたが、家族で何かするって観点では良いですよね、色んな意味で。

 

お月様の輪っかの正体

雲で隠れたり出たりでしたが、あるとき薄い雲にお月様がかかり、月の光に照らされた雲に虹のような輪っかができました。

なにか珍しい現象かと思い、子供が寝静まった後に調べたところ、「月光冠」という現象でした。

見た人に幸せが訪れるとか。

久しぶりにお月見しましたかいありました。

それにしても携帯のカメラでも綺麗に写せるもんですね。

そしてやはり明るい(^^)

f:id:Jinbeekun:20210921224223j:image

f:id:Jinbeekun:20210921224241j:image

ジョギング中に意識すること「前より上」

少しずつ走るスピードが速くなってきました。

と同時に、20代の頃に走りながら意識してたことを思い出してきたので書きたいと思います。

 

その前に振り返り

20代後半の頃はサブエガでしたが、5キロ換算すると19分くらいでした。

去年末は5キロ20分を切ることができませんでした。

感想としては、一体全体どうしたら20分切れるのか。

あの頃の俺はどうやって走っていたか不思議でたまりませんでした。

まあ今もそう思ってますが。

だからこそもう一度走れるようになりたい。

大会で走る姿をいつか息子に見せたいと思い、日々走っています。

12/4 5キロTT 20分42秒 / 71.6kg - 走るガーデニングおっさんの子育てブログ

 

前より上!

と言うことで最近スピードが上がってきました。

と言ってもキロ5分を切るのが苦にならなくなってきたレベルですが、20代の頃に意識していたことを今日走りながら思い出しました。

それは「前より上」です。

 

前は意識していなくても勝手に進む

当たり前ですが、足を前に出せば前に進みます。

そこに意識を集中することに価値はありません。

意識すべきは上。

普段より10%くらい高く走ることを意識してました。

 

その価値は?

まずフォームが良くなります。

腰を高くとよく言いますが、コツは頭のてっぺんから糸で釣られてるイメージで走ること。

これに加えて高さを意識して、尚且つピッチを落とさなければ必然的に良いフォームで走れるようになります。

 

筋力も上昇?

結局は一歩一歩の積み重ねなので、一歩を大事にすることは重要です。

その中で何ができるのか。

高く飛べば筋力もつくと思います。

もしくは身体全体を使って高さを出した場合には、普段使ってない筋肉が鍛えられると思います。

 

前に進まないけど・・・

最初はそれでいいと思ってます。

5キロとか短い距離を大会で走るとなれば話しは別ですが、あくまでジョギングの話しです。

キロ6分とかキロ7分でよいので、まずは上を意識。

最初はなかなか進まないと思いますが、最初に書いた通り放っておいても前には必ず進むので、練習していくうちにそのスピードも上がります。

多分この入りが、無駄を最大限省いたランニングフォームに繋がるのではないかと思います。

最大フルマラソンくらいまで適用できると思ってます。

ハーフになると一定のスピードが必要になってくるので、前意識が必要なので難しそうですが。

とりあえず今日の夜は、上意識で気持ちよく走れました。

f:id:Jinbeekun:20210908232058j:image